思い出に残るタオルを作る|オリジナルタオルの失敗しない選び方

シャツ

用途によって選ぶタオル

畳まれたタオル

何かの思い出にオリジナルタオルを作る機会は、体育大会といった行事のある学生に多いのではないでしょうか。しかし、タオルを作るといっても、様々な製法があるので知っていた方が安心です。製法の選び方を失敗すると、自分たちの思っていたものと違うものができてしまうということになりかねません。ではどの製法で作れば、希望のタオルができ上がるのでしょうか。まずはタオルの製法を知ることから始めてみると良いでしょう。まず一つは染料プリントと呼ばれるものです。タオルの仕上がりが柔らかい、タオルに染料を染みこませるのでゴワゴワしないメリットがあります。デメリットはというと、タオルに染料を染み込ませるため、細かいデザインがしづらいという点が挙げられます。また、工程が少し多いため、納期もコストもかかるという難点があります。二つ目は顔料プリントとよばれる加工法です。染料プリントに比べ、工程が少ないのでコストが安く、インクが滲みにくいので、細かい線を表現しやすいというメリットがあります。逆に染料プリントに比べて色落ちしやすかったり、何度か洗濯しなければプリントが馴染んでくれなかったりするというデメリットがあります。もし、デザイン表現を重視したいのであれば、顔料プリントがおすすめです。逆に、肌触りのいい実用性のあるオリジナルタオルを作りたいのであれば、染料プリントが良いでしょう。よく分からないということであれば、無料で見積りをしてくれるお店もあるので、自分たちの要望をお店の人に伝えて相談してみると良いでしょう。

レディー

世界に一つだけのtシャツ

「人と被らず、個性的な自分だけのコーディネートがしたい」そんな方はオリジナルのレディースtシャツを作ってみてはいかがでしょうか。用途に合わせて素材を選べて、デザインも自由自在です。

バッグ

オリジナルバックの魅力

今や誰もが持ち歩くエコバック。最近ではお洒落なデザインも増えてきましたが、どうせ使うなら自分の好みのデザインのものが良いですよね。そこで、オリジナルのエコバックについて説明していきたいと思います。

インク

用途で決める加工法

思い出に残るようなオリジナルtシャツを作ろうと思ったら、まずは加工法から調べてみると良いでしょう。様々な加工法の中から自分たちに一番合った手法を見つけることが大切です。